スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

猫の六花

4月11日金曜日の夜に、
実家の猫の一匹、六花が旅立ちました。
御歳19歳の大往生です。
大きな病気をすることなく、老衰で、静かに亡くなりました。

決して忘れることはないのだけど、
ここにも残しておこうと思います。


うちの店の前に捨てられていたのが最初の出会い。
茶虎の男の子と白猫の女の子。
まだ目も開いてなくて、、、
自宅につれて帰って、お医者とかに連れて行っているうちに
我が家の一員になった。

大好きだったマンガ「まっすぐにいこう」の中で、
白くて大きくて優しいプードル六花から
名前をいただきました。
北海道で、「雪」っていう意味なんだって。
我が家の真っ白なお姫様にも、この名前だ!!!て。

真っ白で、ブルーの瞳は本当に美しくて、
我が家の猫たちの中では一番神秘的な子だった。

年齢のせいもあって、
半年前くらいから毛繕いが苦手になった。
前よりもちょっと甘えてくるようになった。

でもジャンプ力はしっかりあったし、
ほんの2週間前までは、
19歳とは思えないくらい食べていたし、
おもちゃでも遊んでた。

5日前に母から突然
「六花が最近食べなくなった。もうそろそろかも」
と連絡があって。。。。

19歳だし、覚悟はしていたし、
3年前に家を出た時に、
最後のお別れに立ち会えないかもしれないことも
考えていたのだけれど。
なんだか信じられない気持ち。

ちょうど仕事が落ち着いていたので、
連絡を受けてからは毎日実家に帰れた。
少し前だったら入稿に追われてたから、
家から出られなかったと思う。
仕事が落ち着くの待っててくれたのかなーって、思ったりして。

猫ってそーいうの、なんでだかわかるんだよなー。

か細くなった六花を抱き上げると、
子猫の時より軽く感じた。
でもなんだか、そのときのひょいと持ち上がる感じが
よりいっそう愛おしくて愛おしくて、、、

思った以上に穏やかな様子だったから少し安心した。
今はこれまでの19年間をぼーっと振り返ってる時間なんかなと。

金曜日の夜に静かに旅立った六花。
一日が終わるみたいに、穏やかな気持ちだったのならいいのだけど。

一人っ子だったから、
きみの存在は本当に大きくて。
たくさん感謝しています。
ありがとうね。おやすみなさい。



Tag:日記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

オト|ムロタアヤノ

Author:オト|ムロタアヤノ
デザインユニットotoの
ムロタアヤノです。
大阪・京丹後2つの場所を中心に
デザインのお仕事をしています。
oto-design.jp

twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。